ホーム  » 企業情報  » メッセージ

メッセージ

東洋ガラス機械は会社指針として、「品格ある強い会社を目指そう」を掲げ、その実現に向けて努力しています。

ごあいさつ

president.jpg

東洋ガラス機械は、ガラスびん金型のメーカーとして1959年(昭和34年)に発足以来、ガラスびん・食器の金型と成形機を中心にガラス容器製造に使用される各種の機械を開発、製造してまいりました。また、ガラス容器製造で得た技術を生かしてプラスチック容器の製造に使用される金型や機械、各種容器のユーザー様の製造ラインの検査機・包装機械・物流機器をはじめとする各種自動機を製作してまいりました。

このように、当社はその名がしめすとおり、ガラス容器産業の発展に貢献するとともに、容器関連の総合専門メーカーとして、わが国でのトップ・メーカーとしてゆるぎない信頼を確立すべく、今後も努力してまいります。今後とも、絶えず未来に目を向け、多様なニーズを先取りし、創意工夫と技術革新に努め、お客様のご満足をいただける高品質・高機能な製品を作り出すことをめざし、日夜努力してまいります。

また、私たちはこの目標を達成するためには、社員一人一人が成長して行くことが重要と考え、人材の育成にも積極的に取り組んでまいります。

当社は、お客様に信頼される会社をめざしており、このホームページが皆様とのコミュニケーションのきっかけになればと願っております。

2013年6月25日
代表取締役社長 五味淵 忠

このページの先頭へ

会社指針

品格のある強い会社を目指そう

東洋ガラス機械は会社指針として、「品格ある強い会社を目指そう」を掲げ、その実現に向けて努力しています。この品格とは、目的を達成するための方法や手段が、手段を選ばずという形ではなく、そこに行きつく過程を大切にすることです。その結果が、お得意先やそのユーザーから感動され、共感されることに繋がるからです。単に、お得意先やそのユーザーのニーズに応える製品を供給することにとどまらず、品格をもった行動を常に心がけ、日夜仕事に励んでいます。

このページの先頭へ