ホーム  » 企業情報  » 会社概要

会社概要

当社の会社概要、事業所、会社沿革の紹介です。

会社概要

社名 東洋ガラス機械株式会社
Toyo Glass Machinery Co., Ltd.
設立 1959年(昭和34年)4月8日
本社所在地 〒241-0803
神奈川県横浜市旭区川井本町76
代表者氏名 代表取締役社長 五味淵 忠
資本金 1億円
売上高 34億円 (2015年度)
従業員数 136名 (2016年4月現在)
取引銀行 三井住友銀行 蒲田西支店
事業内容
  1. ガラス容器(びん・食器)、プラスチック容器などの意匠設計、金型設計、金型製造販売。
  2. びん、食器、プラスチック容器等製造用諸機械の設計、製造販売。
  3. ガラス容器(びん、食器)製造に関する技術指導
  4. 食器機械および一般産業機械の開発設計、製造販売および輸入販売
一般建設業許可
  • 許可番号:神奈川県知事 許可(般-23) 第70769号
  • 許可年月日:平成23年4月6日
  • 建設業の種類:機械機器設置工事業
ISO9001:2008
  • 登録証番号:JQA-QMA14262
  • 登録日:2010年12月17日
  • 登録更新日:2016年12月17日
エコアクション21
  • 認証・登録番号:0002548
  • 認証・登録日:2008年6月6日
  • 更新・登録日:2016年6月6日

このページの先頭へ

事業所一覧

本社・工場

東京工場

〒241-0803
神奈川県横浜市旭区川井本町76
TEL:045-953-8831
FAX:045-953-5137
〒144-0046
東京都大田区東六郷1-27-7
TEL:03-3737-0221
FAX:03-3731-0181
アクセス:
  • 相鉄線三ツ境駅北口よりバス(若葉台中央行き)乗車、東根バス停下車徒歩5分
  • 相鉄線三ツ境駅北口よりタクシー乗車約10分
  • 相鉄線鶴ヶ峰駅北口よりバス(若葉台中央行き/中山行き)乗車、川井宿バス停下車徒歩1分
アクセス:
  • 京急線雑色駅より徒歩5分
地図 地図

このページの先頭へ

会社沿革

1959年(昭和34年)
  • 資本金400万円にて「淀川精機株式会社」を設立。
  • 本社を東京都大田区におき、ガラスびん金型の製造を開始。
1961年(昭和36年)
  • 横浜市旭区に横浜工場を新設。
  • ガラスびん製造用各種機械の設計、製造を開始。
1963年(昭和38年)
  • ガラスびん自動製造機ISマシンの製造を開始。
1968年(昭和43年)
  • プラスチック・ボトル金型の製造を開始。
1969年(昭和44年)
  • 東洋ガラス株式会社の資本参加を得る。
  • ガラス食器成形機の製造を開始。
1971年(昭和46年)
  • 「東洋ガラス機械株式会社」と社名を変更し、資本金を1億円に増資。
  • 各種びん検査機の製造を開始。
1974年(昭和49年)
  • パッケージング機械、一般産業機械の開発、製造を開始。
1976年(昭和51年)
  • 本社を東京都大田区から横浜市旭区に移転。
1979年(昭和54年)
  • 合弁会社「東洋ガラス機械シンガポール」を設立。
1981年(昭和56年)
  • TGM研修センターを開所し、ソフトサービス業務を強化。
1982年(昭和57年)
  • 本社・工場に社屋を新設。コンピュータを導入。
1985年(昭和60年)
  • コンピューター・コントロール方式のISマシン(ISAC)の製造・販売を開始。
  • 英・BMH社とボトル・インバーターの製造・販売ライセンス契約を締結。
  • 大型ハウスウェア成形機TX-18を製造。
1987年(昭和62年)
  • 英・ジョンソン・ラドレー社製セーベライト・ダメロン・ABXの販売を開始。
  • TGM・EISの製造・販売を開始。
  • ガラス食器成形機TNP-12を製造。
1989年(平成元年)
  • TGM・ESOを開発、販売を開始。
  • 東京工場の社屋を新設し、金型加工機械を増設。
1990年(平成2年)
  • 本社・工場の組立工場を増設。
1992年(平成4年)
  • 本社・工場に工場・事務所・食堂を増設。
  • BIT-250を開発。
1993年(平成5年)
  • TGM EIS 2001を開発。
1995年(平成7年)
  • ボトル・クリーナーを開発、販売を開始。
  • インジェクション金型の製造を開始。
1999年(平成11年)
  • ウェブサイト(http://www.tgmm.co.jp)を開設。
2000年(平成12年)
  • 事業部制を導入。
  • ガラス金型事業部に金型部品工場を増設。
  • ボトルクリーナーミニを開発。
2001年(平成13年)
  • MFe(Multi Functional Eyes)を発表。
  • プラスチック金型事業部にFMSを導入。
  • 瑞・エムハート・グラス社と販売権取得の契約を締結。
2002年(平成14年)
  • プラスチック金型事業部に表面処理工場を新設。
2005年(平成17年)
  • プラスチック金型事業部の製造工場を拡大。
2007年(平成19年)
  • プラスチック金型事業部に簡易PETボトル成形機を導入。
2008年(平成20年)
  • エコアクション21の認証(認証・登録番号:0002548)を取得。
2010年(平成22年)
  • ISO9001:2008の認証(登録番号:JQA-QMA14262)を取得。

このページの先頭へ