ホーム  » 企業情報  » 品質活動

品質活動

東洋ガラス機械は、信頼性と経済性の高い製品の供給を通じ、顧客満足度の向上に努めています。

ISO9001:2008の認証を取得しました。

iso9001.gif

当社製品の品質向上活動を組織的,効果的に運用し、お客様からの信頼を更に確実にするために、また当社の基盤を一層強固なものにするために、品質マネジメントシステムの構築に取り組んで参りましたが、この度2010年12月に品質マネジメントの国際規格「ISO9001:2008」の認証を取得致しました。


このページの先頭へ

品質方針

 東洋ガラス機械は、ガラスびんメーカーを主要なお得意先とし1959年に創業しました。以後、ガラスをはじめ金属,プラスチック,PETなど様々な素材の容器を取り扱うお得意先に対象を広げ、製品の拡販を行ってきました。
 お得意先の多くが、食品,医療などのメーカーに製品を納入していることから、当社への要求品質も非常に高く、その要求品質にご満足いただくためにも、常に品質の改善活動に取り組んでいます。
 今後とも、品質,コスト,納期の改善を推め、お得意先に安心してご使用していただける製品の供給に努めます。

<行動指針>

  1. お得意先の要求品質を正しく把握しその実現に努めると共にお得意先の満足度の向上に努めます。
  2. 規格の要求事項および製品に関連する法的要求事項を明確にし遵守します。
  3. 品質マネジメントシステムの有効性の継続的改善に努めます。
  4. 品質目標の設定の手順を決め定期的に見直します。

2017年4月1日
代表取締役社長 五味淵 忠

このページの先頭へ

ISO9001 マネジメントシステム登録証・付属書

ISO9001 マネジメントシステム登録証 ISO9001 付属書


このページの先頭へ