検査機器

BIT検査機(ボトムインパクトテスター)、MFe検査機(Multi Functional Eyes)、TCI-153検査機、プランジャー自動測定機(PMS-230)

BIT検査機(ボトムインパクトテスター)

bit.jpg

ボトムインパクトテスターは、びん底部の強度検査機です。

ガラスびんを首部で吊り下げ、上方から捧を落下させて、びん底内面中央に衝撃させることにより、底部強度の低いびんを破壊します。同時に、支えている首部に水平びりがある場合も破壊します。

機種


このページの先頭へ

MFe検査機(Multi Functional Eyes)

mfe.jpg

12ステ-ションに各種検査機器を搭載し、最大処理能力毎分300本で不良びんを検査する総合検査機です。

こちらで詳細な機能の紹介が見られます。


このページの先頭へ

TCI-153検査機

tci_153.jpg

丸びんから変形びんまで検査できる、びり検査機です。胴径、天すじ検出器もオプションで搭載できます。処理能力は最大130BPMです。


このページの先頭へ

プランジャー自動測定機(PMS-230)

pms_230.jpg

プランジャー自動測定機(PMS-230)は、ガラスびん成形用金型のプランジャーの寸法測定を、自動的に短時間で高精度で行うことを可能にした装置です。

NNPBプランジャーをセットすると、後は入力されたデータに従って自動で測定を行います。良否判定はタッチパネル上のランプで表示されます。また、測定データを拡張メモリ(SDカード)を使用して、パソコンに取り込むことができます。


このページの先頭へ