情報セキュリティ基本方針

東洋ガラス機械 情報セキュリティ基本方針

当社は、重要な情報資産を特定し、事故・災害・犯罪・漏洩などの脅威から守り、お客様ならびに社会の信頼に応えるべく、本方針に基づき全社で適切な情報管理に取り組みます。また、本方針は当社のホームページに掲載し、従業員をはじめ、お客様や取引先などに広く公表いたします。​

  1. 経営者の責任
    経営者自らが主導し、情報資産の適切な管理に向け、組織的かつ継続的な情報セキュリティの改善・向上に努めます。

  2. 社内体制の整備
    情報セキュリティの維持及び改善のために、必要な体制と遵守すべき情報管理規程類を整備します。

  3. 従業員の取組み
    従業員は、情報管理のために必要とされる知識、技術を習得し、情報資産の適切な管理に取り組みます。

  4. 法令及び契約上の要求事項の遵守
    情報セキュリティに関わる法令、規制、規範、契約上の義務を遵守し、お客様の期待に応えます。

  5. 違反及び事故への対応
    情報セキュリティに関わる法令違反、契約違反及び事故が発生した場合には適切に対処し、再発防止に努めます。

東洋ガラス機械は、東洋ガラスグループ東洋製罐グループの一員です。

東洋ガラス機械株式会社

© 2019 TOYO GLASS MACHINERY CO., LTD.